« 【ふりーむバックログ】祝☆導命樹公開編 | トップページ | 【東方真珠島】5~6面ボス紹介 »

2019年1月22日 (火)

【東方真珠島】4~5面中ボス紹介

シナリオ後半のネタバレを含む為閲覧にはご注意を!

○4面中ボス&ボス 霊威のツイートマスター

 紫鸞上人(本名:徳雀坊紫鸞/とくじゃくぼう しらん)
 Tokujyakubou Siran
 
 種族:鸞
 能力:念仏を広める程度の能力

 ここまでのボス達に「上人さま」と呼ばれていた、鳥の上級妖怪。
 「人」じゃないだろお前。
 遠い昔、妖怪でありながら、越後(今の新潟)の地でかの伝説の宗教家に弟子入りし、
 その教えを余す所なく受け継いだと自称している。
 曰く、念仏を一度でも唱えるだけで死後の救済は約束されるので、他者や後先のことは
 考えずに、今この瞬間を楽しく生きよう、とのこと。
 どう考えても教えをまともに理解していないが、そのゆるさのお蔭でか、何となく将来に
 不安を感じるけど努力はしたくない…という今時の妖怪には、意外と支持されている。

 今回の異変の実行犯とは、ひかり子も使っていたSNS「サエズッター」で繋がっている
 サエズリ仲間である。
 (サエズリとは、サエズッターネットワーク上で発言する事だ)
 「彼女」から異変を起こす計画についてダイレクトサエズリで相談され、その情状を
 汲んだ紫鸞は、計画を助ける為の協力を買って出た。
 半分くらいは自分の地位と名声の為に。

 今までほぼ漏れなく黒幕を討伐し、危険な異変を解決している紅の巫女や、そのバックに
 居るとされる恐ろしい存在は、幻想郷中の時間を停止させた程度で安心できる相手ではない。
 そこで「彼女」が時を止めて目的を果たしている間、自分たち妖怪を停止の対象外と
 して貰い、仮に巫女達に時間停止が効かなかった場合に、注意を引き付け時間を稼ぐ
 段取りを組んだ。計画は完璧なように思えた。

 まさか巫女にボコられた後、サエズッターネットワークの存在が裏目に出、
 芋づる式に黒幕のことを知られてしまうとは…ナンマイダーナンマイダー。

○5面中ボスその1 白昼のナイトバード

 ミスティア・ローレライ
 Mystia Lorelei

 種族:夜雀
 能力:歌が素晴らしい程度の能力(自己申告)

 紫鸞のサエズリに釣られて参戦した、おなじみ歌う夜雀。
 妖怪ロックバンド「鳥獣伎楽」のギターの方。
 なぜお前が動いているのかと言いたくなるが、どうやら本作の最終ボスは
 鳥獣伎楽のライブ常連客であるという。
 時間操作の術により、自分を動かしてくれた「彼女」を助ける為、苦手な真昼の炎天下で
 ある事を忘れて駆け付けた。
 友情に燃え、砂漠の熱さに燃える、その姿はまさに焼き鳥である。

○5面中ボスその2 変容する若きミストレス

 ネベトテフェト
 Nebet Tefet
 
 種族:冥界神
 能力:葬祭を司る程度の能力(自称)
    
 遠い砂漠の国から、暴走する黒幕を懲らしめる為に来た、かわいい女神様。
 蝶っぽいから1面ボス程度の雑魚? とは思うなかれ。
 かの国では(かの国でも)(結構色んな国で)蝶はあの世と結び付く。
 煌びやかな黄色は永遠の豊かさを連想させるが、永遠の豊かさとはつまるところ、
 死の安息の事なのかも知れない。

« 【ふりーむバックログ】祝☆導命樹公開編 | トップページ | 【東方真珠島】5~6面ボス紹介 »

東方真珠島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1705696/74992339

この記事へのトラックバック一覧です: 【東方真珠島】4~5面中ボス紹介:

« 【ふりーむバックログ】祝☆導命樹公開編 | トップページ | 【東方真珠島】5~6面ボス紹介 »